スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ライブ決定

こんにちは、Yoshikiです!

Monkey Businessの次回ライブ、決定いたしました!
なんとモンビジ初のヴィンテージでのライブとなります(´・ω・`)
ゴリゴリのメタルでビルを揺らしてまいります('◇')ゞ


Other mind pleasants
「Keep on rockin'!! vol.4」
museum cafe Vintage.

CAST:
■sal no Moneys
■千龍銃~SENRYUGUN~
■abrupt
■紀州林檎屋本舗
■FUCKIN' BULLSHIT
■The Langley
■さとる
■恥骨バンド
■Monkey Business
■Hell Near
■Lost Veil
■多古西しゃぶしゃぶ
■THE SADOWS
■BLAST(ex.other mind)

14時オープン 14時半スタート
チケット¥1000+1ドリンク500円 計¥1500となります!

1500円でこれだけのバンドを見れるのはお得です!

僕たちは18:30の中盤での出演を予定しております。

「その時間帯は都合が悪くて見れないぞコノヤロー!」
という方も、僕たちの前にも後にも相当な数のバンドがありますので
僕たち抜きでも存分に楽しんで頂けるイベントとなっております(笑)

特に僕たちの後には僕が所属している鋼鉄会からの刺客、HELLNEARさんが控えているので
盛り上がる事間違いなし!!
いい感じにHELLNEARさんにバトンを渡せるよう頑張らねば・・・!

スケジュールに空きがある方は是非遊びに来てくださいm(__)m


明後日に向けてテンションを上げるため、今日はテクニカルデスのDeeds Of Flesh!

毎回のことながらアルバムのアートワークがめっちゃカッコイイです(´ω`)笑

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2013.12.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Yoshiki



Royal Hunt-A Life To Die For

こんにちは、Yoshikiです。

Royal Huntのニューアルバム「A Life To Die For」買っちゃいました!
1385845208391folder.jpg

Royal Huntは僕の最も好きなバンドの一つです。
全てのアルバムが大好きという訳ではないんですが、
1thのLand Of Broken Heartから~4thのParadoxまではメタル史に残る名盤だと思います。

偉そうな話自分のスタイルの半分は二代目Voの「D.C.Cooper」に影響を受けています。

自分はハイトーンシンガーが好きなのですが、
彼はブライアンジョンソンやトニーハーネルの様に常にハイトーンという訳ではないんですね
基本的にはマイルドで艶のあるミドルキーを軸におき、
クライマックスにおいて急激に突き抜けるようなハイトーンを出すというようなスタイルなんです。

もっと直接的に言えば、HMシンガーの中で最もハイトーンの使うポイントが巧い人だと思います。
いきなり1オクターブ上で歌ったりするので、僕はまずあの高低差で衝撃を受けました。

そしてライブパフォーマンスも圧巻でした(笑)
踊るんですよね、あの人ww
Last Goodbyeという高い歌唱力が求められる曲の最中、
軽快にステップを踏み息切れ一つせずフェイクを交えてCD以上の歌唱力を聴かせてくれます。
あの曲をこんなに余裕で歌いこなすシンガーというのは早々いないでしょう。

このD.C.Cooperにアンドレの作る曲が合わさるともうそれは凄い事になります(笑)
元々Royal Huntの曲の世界観は僕のしたかった音楽の形だったんです。
キーボードがあり、テクニカルでクラシカルで、メロディアスで哀愁もあって…
まさに自分の理想を具現化したようなバンドといっても過言ではありませんでした。

これ以上語ると引かれるのでこれくらいで本題に入ります…w(もう引かれてる?汗)


そんなD.C.Cooperを再び迎えて作られた前作「SHOW ME HOW TO LIVE」も最高でした。
曲調はヘヴィになったものの、「あの頃のRoyal Huntだ!」って感じで泣きそうになりました(笑)
今回もまさにそうで、4thの「Paradox」を彷彿とさせるコンセプトアルバムの最高傑作だと思います。
Royal Hunt程ストリングスが似合うバンドもいませんねw
荘厳過ぎないストリングスを漂わせ響くD.C.のメロディアスな歌唱は、
心地よく耳に入ってきてアドレナリンを沸かせます。

私的名盤として永久保存決定です(笑)

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

2013.12.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Yoshiki



映画 Anvil! The Story of Anvil

こんにちは!Yoshikiです!

いよいよ今年も終わりですね( ̄ω ̄;)
完全に年月に置いてけぼりにされてます(笑)

"Anvil~夢を諦めきれない男たち~"見ました!!


パワーメタルとスラッシュメタルに多大な影響を与えたカナダのヘヴィメタルバンド"Anvil"が
84年日本公演をピークに人気が低迷、
50代を迎えた今もロックスターを夢見る日々に密着したドキュメンタリー映画です。

放映が2009年とだいぶ前なのですが、自分は最近知りました(;´・ω・)
PVを見てすぐにiTunesで購入してすぐに感動しました(笑)

お恥ずかしい話自分はこの映画を見るまでAnvilというバンドを知らなかったんですが、
曲がめちゃカッコイイ!
シンプルかつ解りやすくて尚且つヘヴィです。
即座にファンになりました(笑)

おそらくこのブログを見てる皆さんは音楽好きかバンドマンのどちらかでしょうから、
まだ見ていない方は是非お勧めします!

特にバンドをやっていると共感できる部分があって本当にちょっと泣きそうになりますww
加えてバンドという物がいかに素晴らしいかを再認識させてくれる映画でした(´ω`)

Awesome!!Anvil Rules!!

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

2013.12.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Yoshiki



ご無沙汰しておりますm(__)m

こんにちは!Yoshikiですm(__)m
本当にお久しぶりでございます(笑)

ちょっとここ2-3ヶ月程曲作りやセッションバンド等、音楽面で多忙な活動が続きまして…

書きたいことは山の様にあるんですが、
今年いっぱいまではなかなかブログを綴る時間も取れないというような状況でございます(;´・ω・)

まあ音楽は自分の趣味ですし、
好きでやっている事なので多忙という言葉遣いは本当に多忙な方にちょっと失礼ですね汗

とにかくもうちょっと文章を簡潔に纏めて更新の頻度を上げないといけませんね( ̄ω ̄;)



皆さんHR/HM情報誌のBURRN!という雑誌をご存じでしょうか?
51moYq1WDyL__SL500_AA300_.jpg

HR/HM好きの皆さんには説明不要ですが、
HR/HMバンドの新譜やインタビュー、ちょっとした裏話なんかが書かれています。

僕も何年か前から購読してまして、
まだまだメタル歴の浅い自分はこの雑誌でバンドや曲を知ったりもしてます。

そんな中でちょっと気になるものがありまして…


11月号のBURRN誌で特集されていた、
「Aldious」という日本のメタルバンドの新曲"Dominator"のPVなんですが…
このバックの教会的な場所、GalneryusのAngel Of SalvationのPVと全く同じじゃないですか?(笑)



どうなってるねん!!w
気になって調べた所、Aldiousの共同制作者の一人にやっぱり久武さんの名前がありました笑
背景の使い回しですか…?( ̄ω ̄;)


一般の人からすれば結構他愛もない事なんですが、
ファンからしたらええ!?ってなると思います( ̄ω ̄;)
少なくともGalneryusファンの自分としてはそれはどうやねんって感じがします…
気にしすぎでしょうか…

既出ながらマイケルシェンカーの激ヤセぶりも気になってはいたんですが、
こちらも結構な衝撃だったので書かせて頂きましたm(__)m笑

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

2013.11.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Yoshiki



頑張ろうよ!


続きを読む

2013.11.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Yoshiki



«  | ホーム |  »

Count


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。